引退してからも在宅ワークがあれば安心できる

inraisitekarademozaitakuwakugaarebaansin
会社員をしていれば、いつかは定年になるときが来ます。
最近は退職後の生活を考えて、定年になっても仕事を続けたいと思っている人も多いようです。
年金はあまり期待できませんし、貯金も何かのために使いたくないと考えているのです。

そうなると収入を得るために仕事を続ける必要が出てくるものの、引退してからも同じ仕事を続ける必要はないのです。
第2の人生を楽しみながら、出来る範囲で仕事をすれば良いのでは無いでしょうか。
今までのようなフルタイムでは無く、清掃員や警備員などのアルバイトも考えられます。

肉体労働ではあるものの、時給が少し高めの仕事もありますから人気も高くなっています。
同世代の人との交流も考えると、シルバー人材派遣センターを利用する方法もあります。
地域の中で役に立てる仕事も多く、時給は期待できないもののやりがいのある仕事が見つかるかもしれません。

ただ、こういった外部に仕事に出掛けるというのが面倒に感じる人もいるでしょうから、そんな時には在宅ワークというお金の増やし方があります。
自宅で出来る仕事で、通勤のストレスなどもありません。
内職のような簡単なものもあるので、年齢とは関係なくやりやすい仕事が見つけられます。

パソコンを使った作業も多く、インターネットがあれば出掛けなくても仕事が出来るものもあります。
データ入力やライティングのような作業であれば、体力的な負担も少ない仕事になります。

在宅ワークを頑張りすぎて、引退後の生活が疲れてしまって楽しめないのでは意味がありません。
収入を得るのは大事ですが、毎日の生活を楽しむ余裕もあった方が良いのです。
そういった点では在宅ワークの方が、外で働くよりも負担のない副業になります。

在宅ワークには年齢制限がないものが多く、引退してからも出来るものはたくさんあります。
在宅ワークであれば引退前から始めておくこともしやすいので、将来的な不安に備えておくことが出来るのです。

僕の場合は3つの副業で稼いでいます

bokunobaaihahukugyoudekaseideimasu-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
僕は男性ですが女性ならばライブチャットサイトでガンガン稼ぐのに……そんな夢みたいなことを考えたりします。男性の副業は工事現場の肉体労働とかコンビニエンスストアの深夜勤務などに限られます。稼げることは稼げますが時間に縛られます。女性と比較すると効果的に稼げないのが現状。

実際はコツコツ頑張るしかありません。
僕の場合は現在3つの副業で稼いでいます。
アフェリエイトプログラム・Webライティング・オークションです。ここに説明してゆきます。

アフィリエイトプログラム

これは始めてからまだ6カ月程度です。手探り状態ですし、期待していたほどの報酬はありません。上手くいって月額数千円程度です。これで儲けようと思うと知識やセンスが必要です。成功例を見てやってみようと思いましたがハードルはとても高いです。まあ、継続的にやろうとは思っています。

Webライティング

クライアントから指定されたテーマやキーワードを盛り込んだ記事作成をします。入力スピードが必要です。まずタッチタイプができなければ無理でしょう。できないならば、それをマスターしてからです。あとは記者ハンドブックを見ながら中学生でも理解できる文章を仕上げることです。難しく考えないでとりあえずやってみるといいでしょう。

オークション

ブックオフなどの古本屋を訪れて仕入れます。それをYahoo!オークションやAmazonで出品します。ネックはいちいち仕入れに行く必要があることです。僕は趣味が読書ですから負担になりません。売れる売れないとか利益が多いとかは二の次。読みたい本を安く仕入れて高くるイメージです。お金がかからない趣味です。